フィルムカメラ

[フィルムライカ]ライカM3覚書

プロとして活動をはじめて13年になります。
見習いとして弟子を始めた頃は、フィルムからデジタルへの変換期で、
現場によって「今日はデジタル」「今日はフィルム」ということが普通にある頃でした。
それが途中からデジタルの現場がほとんどとなり、カメラマン(主にフリーランス)たちも徐々にデジタル一本に絞る人も増えてきた印象です。
私もある時期からデジのみでの活動に切り替えました。

しかし最近、フィルムカメラが気になる。
なぜなら、世の中にデジタルで撮影し、好きなように加工した写真で溢れているからかもしれません。
とにかく気になります。

そこで、フィルムカメラに関して調べたり勉強しながら、
覚書として、まとめます。

ライカM3

発売年

1954年

形式

機械式レンジファインダーカメラ

シャッター速度

B、1秒〜1/1000秒
機械式
横走り布幕フォーカルプレーンシャッター

シャッターダイヤル

それまで低速と高速の2つに分かれていたシャッターダイヤルを1つにまとめた

露出計

なし

ファインダー

採光式ブライトフレーム
(ライカとして初の採用)

ファインダー倍率

0.91倍

ファインダー枠

50mm、90mm、135mm

レンズマウント

ライカMマウント

マウント形式

4本爪のバヨネット式

巻き上げ

レバー式、2ストローク・1ストローク

巻き戻し

ノブ式

フレーム

装着したレンズの焦点距離に連動してフレームが自動的に切り替わる

裏蓋

フィルム巻き上げレバーやフィルム装填の失敗を防ぐヒンジ開閉式

新型コロナウィルスに関する対応について

アトリエモッソでは、新型コロナウィルス関連肺炎への対応として、当面の間レッスン・撮影のサービスを休止しております。
再開の目処は現在のところ立っておりません。
詳細につきましては下記よりご確認ください。

詳細

各種ご予約・お問合せは下記のフォームをご利用ください。

ご予約

お問合せ

各種SNSはコチラ

Instagram

ameblo

新着情報の通知はLINE@が便利です。

LINE@

関連記事一覧