1. HOME
  2. 特集
  3. 祝カメラ購入!!まずやっておきたいカメラの設定とは?

SPECIAL

特集

祝カメラ購入!!まずやっておきたいカメラの設定とは?

  • こんにちは!
  • アトリエモッソのしみずことみです。
  • 今日は、カメラを購入後最初に行う「カメラの設定」について、まとめたいと思います。
  • どんなカメラでも、以下の5つを抑えておくことが必要となりますので、ぜひご活用ください。
  • カメラを購入したばかりで、「何もわからない!」「どうしたらいいの??」となってしまった場合は、アトリエモッソのフォトレッスンもございますので、ぜひご活用ください。
1,日時設定
  • フィルムカメラの時代も、設定によっては現像した写真に撮影日時が印字されていましたね。
  • デジタルカメラも同様に、データ内に撮影日時が記録されます。
  • そのため、カメラの日時設定はとても大切な設定の1つです。
2、メモリーカードの初期化
  • カメラにメモリーカードを指したら、必ず初期化(フォーマット)を行なってください。
  • もし初期化せずに使用すると、そのカードの性能が充分に発揮できない場合があるからです。
  • また、初期化の設定はPCではなく、必ずカメラ上で行ないましょう。
3、視度調整
  • ご自分のカメラのファインダーを覗いてみてください。
  • ファインダー内の像や表示ははっきり見えていますか?
  • ぼやけて見えている場合は、ワインダーの右上にある視度調整ダイヤルを回して、一番はっきりと見えるところに合わせましょう。
  • メガネやコンタクトレンズを使用している人は、身につけた状態で合わせます。
4、画像サイズの設定
  • 撮影する画像の解像度を設定します。
  • サイズが大きいほど、データの容量が大きくなりますので、適切な設定で撮影することで、メモリーカードの容量節約にも繋がります。
  • 目安としては、
  • ・プリントアウトをする予定があるのであればMサイズ以上が安心です。
  • ・ブログやSNSなど、液晶画面に表示することが前提の場合は、Sサイズでも充分です。
5、画質モードの設定
  • 「画質」とは、画像のきめ細かさのことで、きめが細ければ細かいほど、より細かい表現が可能です。
  • また、画像の拡大表示をしたときにも、きれいに表示することができます。
  • 画質というのは画像を保存する際の圧縮率で決まります。
  • 圧縮率が高いほどデータが小さく、メモリーカードへの保存数はより多くできますが、その分画質が低下します。
  • 圧縮率が低いほどデータは大きく、メモリーカードへの保存数は減ってしまいますが、その分画質はキレイに保存されます。
  • 通常、
  • ベーシック(圧縮強)<ノーマル(圧縮中)<ファイン(圧縮弱)
  • の順に、画質が良くなっていきます。

SPECIAL

特集一覧