1. HOME
  2. 特集
  3. -構図について-子どもの最高の瞬間を撮る方法

SPECIAL

特集

-構図について-子どもの最高の瞬間を撮る方法

こんにちは、アトリエモッソのしみずことみです。
今日は「構図」について書きたいと思います。

そもそも「構図」とは何か

構図とは、画面内に一定のルールで被写体やその他の要素を配置することで、より効果的に表現をするための雛形のようなものです。
最近は性能の高いカメラやレンズが多く、だれでも簡単に、キレイな写真を撮ることは可能です。
しかし、それだけでは良い写真とはいえません。
実は「良い写真」には、ある程度の普遍的な基準というものが存在します。
その基準を理解し、画面内をデザインして撮影することがとても大切になります。

こんな「残念」な写真を撮っていませんか?

たとえばみなさんは、自分の撮った写真が以下のものに当てはまっているということはないでしょうか?

・背景が意味もなくゴチャゴチャしている。
・前景が中途半端にぼやけている。
・被写体がしっかり写ってはいるが、中央に小さく写っているため、その写真の主役だとは伝わりにくい。
・画面の大部分を無意味な余白が占めている。

これらの要素はすべて、せっかく撮った写真の魅力を落としてしまいます。

「良い写真」の普遍的な基準とは

上記の要素を避けるために、もっとも効果的なのが「構図」です。
もちろん、これは絶対ではなく、型にはまった写真が絶対素晴らしいということでもありません。
あえて構図から外して撮ることもありますし、その方が作品として優れていることもあります。
しかし、これから紹介する構図のパターンは、先人たちが大昔から実験を繰り返して編み出した撮影方法たちですから、それを使わない手はないと思うのです。
ぜひご活用ください。

オススメの構図3選

日の丸の構図

名前の通り、日の丸の国旗のように、ど真ん中に被写体を配置した構図です。
ど真ん中に主役がいるため、動きのある被写体よりは静止している被写体に向いています。
これは、初心者の人もついつい無意識で撮ってしまう構図ではありますが、もう少しだけ意識して、被写体を思い切り大きく、なるべく余白の少ない配置にして撮影してみてください。
とても印象的な写真になります。

対角線の構図

絵画も写真もそうですが、もともとは立体だったものを、平面の画面内に収めることで作品を成り立たせるという性質上、ついつい平面的になってしまったり、のっぺりした印象になってしまうこともあります。
それを解決する方法として有効なのが、この「対角線の構図」です。
平面の画面内に斜めの線を入れることで、奥行きや動き、躍動感が生まれます。

また、線だけでなく、まっすぐな直線上に一定距離でならんでいる個体であっても、斜めに配置することで「対角線」を生み出すことは可能です。

三分割法の構図

日の丸の構図では、ど真ん中に被写体を配置しましたが、この「三分割法」では、ど真ん中を外すために用います。
4つの交点のどれかに、作品の主役となる被写体を置くことで、余白部分へ視線を誘導したり、作品に動きをもたせるなどの効果があります。
もともとは、絵画の構図のバランスをとるための手法として、古くから使われてきた手法です。

 

 

どの構図も、様々な場所で使用されている構図です。
SNSはもちろん、街にあふれる広告やポスター、新聞やニュースなどにも、素晴らしい作品が効果的に配置されています。
今回紹介した構図を当てはめながら、たくさんの作品をみることで、写真の上達にもつながると思いますので、ぜひ試してみてください。

 

 

今回は以上となります。

次回は構図をもう少し掘り下げて、画面内の前景にフレームを入れる「縁取り」の手法についてまとめたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

atelier mosso
しみずことみ

各種ご予約・お問合せは下記のフォームをご利用ください。
各種SNSはコチラ
新着情報の通知はLINE@が便利です。

SPECIAL

特集一覧